呉清源 今現れてもやはりトップ棋士 心の祖国は囲碁

Posted on 2015/02/23

0


[原文URL} http://sports.sina.com.cn/go/2015-02-13/12217516909.shtml

[※翻訳者の中国語レベルは極めて未熟ですので、この記事を何らかの情報ソースとして使うことはご遠慮ください。なお、正確さに特に自信のない訳文については、下線を付してあります。]

(新浪体育訊より) このあいだ、「じゃんじゃん三人行」[中国の人気トークショー番組]に、棋士として著名な江鋳久氏がゲストとして招かれ、囲碁の泰斗、呉清源についての思い出を語った。呉清源の棋道の追求は効率の追求である。いま、呉清源が20歳の若者であったら、やはりトップ棋士になるだろうか。

竇文涛(ホスト): 江鋳久さん、本物にお会いできました。80年代に何度かブームが起こりましたが、日中スーパー囲碁で、江先生は日本のトップ棋士5人を殺し、いや、倒しました。あの頃は誰もが先生を追っかけていましたね。

江鋳久: ああ、そうですか。

竇文涛: その後調子を落とされたようですが、またしばらくしたら、芮乃偉さんの夫になっていました。

江鋳久: ははは。

竇文涛: 芮乃偉さんはすごかった。女流でありながら、韓国のイ・チャンホに勝った。だから先生はご夫妻ともに囲碁界の偉大な人物であるわけですが、今日は同じように非凡な人物、呉清源さんの話をしましょう。

呉清源の囲碁 自然であることを重んじ、効率を求める

竇文涛: まず素人としての感想を言わせてもらうと、囲碁は私たち打てない者にとっては武侠小説と同じで、打てなくても、当時囲碁について喜んで語っていたものです。そもそも囲碁というのは「勝負」です。呉清源先生の棋譜を誰もが並べていました。聞くところによると、呉さんが当時打った碁、勝った碁は、形がとてもきれいだったそうですね。しかし勝負に、きれいだとかきたないだとかがあるのでしょうか?

江鋳久: そのご質問は、ちょっと答えに困りますね。私はこういうふうに理解しています。さっき話に出てきたイ・チャンホさんや林海峰先生、小林光一さんたちはみんな実利派です。武宮正樹先生は「宇宙流」ですが、「我々がいま打っている碁は呉先生あってのものだ、先生が道を開拓してくださったのです」と言っていました。いまの日本の六冠王、井山裕太さんも呉先生の葬式に参列したときに、「以前呉清源先生の棋譜を勉強して、いま自分が打っている碁が呉清源先生の碁だと思った」[原文不明]と言っている。呉清源先生の碁は自然であることを重んじ、効率を追求している。今挙げたいくつかの流派も、みな呉清源先生の碁に学んだものかもしれません。

竇文涛: もし呉清源さんと今の若い世界チャンピオンが対局したら、どちらが勝つでしょう?

江鋳久: 今の若い棋士に勝つことはできないでしょうが、ただもし呉清源先生が20歳の若者であったら、誰も勝てないでしょうね。

竇文涛: どういうことでしょうか。囲碁の技術は時代とともに進歩しているのではないですか?

江鋳久: もし呉清源さんがまだ20歳だったら、あの創造力があります。川端康成も「新布石は単に大陸からもたらされたからこそ、あのような風格をそなえたものとなった。彼が大陸で受けた文化薫陶によって、あのような創造精神が生まれた」[原文不明]と言っています。これは呉先生にしてみれば、まったく意識せずに、自然にやっていたのだと思います。呉先生は常に最善を追求していたので、実利を求めたり、大模様を築いたり、乱戦といろいろ試していましたが、すべては最善の打ち方の追求ということだったのでしょう。

竇文涛: 求道ですね。

心の祖国は囲碁

三人は呉清源が十番碁で無敵であり、17年間絶対的強者としての実力をそなえていたことを語った。江鋳久は次のようなエピソードを語った。本因坊を九連覇した高川格は呉清源と打てることを光栄に思い、おごそかな気持ちで臨んだ。当時高川の戦績は日本最高で、「高川格はノーベル賞をもらえないのか、人類最高の智能の持ち主なのに」と言う人がいた。それに対して「ならば呉清源先生はどうなんだ?」と問われるとその人は「ああ、あれは日本人じゃないし」[原文不明]と答えたという。

竇文涛: 日本人といえば、呉清源先生は日本国籍を二回取得しました。一生の間何度も日中を行き来し、抗日戦争も経験しました。しかし私はある日本のメディアの人が「呉清源にとって、心の祖国は囲碁なのだろう」と言ったのを興味深く思います。

竇文涛: ただ、呉清源さんが北京にきたとき「わたしたち、わたしたち」という言い方をしていました。

江鋳久: 典型的な北京訛りでしたね。「ちいとこの碁見てみい」というような言い方をしました。

生活について 組織に取られた賞金

呉清源は非常に若いときから、家族を養う責任を負っていた。11歳で父が亡くなり、家族全体の生活が呉清源の囲碁の奨学金頼みとなった。妹と、後に南開大学に進学する兄の生活費もそれで賄ったのである。後に十番碁を打つようになってから、確かに賞金は高かったが、全額「組織」に取られてしまった。呉は当時、「璽光尊」という宗教組織に入り[宗教組織の名称は璽宇教、璽光尊は教祖]、呉の岳父もそれに付き添ったのだが、結果対局の賞金をすべて組織に持って行かれてしまった。後に税務署の人間が呉清源を探してきて、「あなたの賞金はすべて持ちだされたが、税金は払われていない」と言った……。

竇文涛: 呉清源はとても聡明な人だったのでしょうが、対局の賞金をすべて人にあげてしまった。しかも璽光尊の女教祖は彼を利用していたのでしょう。呉さんは自分ではわかっていなかったのでしょうか。

江鋳久: わかっていなかったのでしょうね。実は当時、呉清源さんはあまり十番碁を打ちたくなかった。教祖が碁を打つのは組織の利益にならないと言うからです。ところが読売新聞から交渉のやり手が璽光尊の教祖を探して「対局の賞金はこんなに高額だ、もし勝てば全部あなたたちに払おう」と伝えたのです。璽光尊はすぐさま呉清源に「打ちなさい、組織の代表として!」と命じました。

嘉賓李菁: 東京に行ったとき、呉清源の伝記を書いた日本の記者に会いました。彼によると、このあたりの生活の話についてはあまり触れられたくなかったようです。この件についてはやはり、否定するかあるいは認めないという態度だったのでしょう。呉清源さんは基本的にこういう激しい態度をとる人ではありませんから、この件についてはある種の後悔をしていたのでしょう。

Advertisements